レイビスでの脱毛は痛いと聞いたけれど、本当に痛いの?

投稿者: | 2016年8月17日

レイビスの脱毛は、光脱毛です。
その中でも痛みの少ないルニクス脱毛を採用しています。
早くキレイにできることで、大手脱毛サロンでも採用していますが、注意点もあります。
痛くない施術を受けるために、自分でも際付けなければならないこともあるんです。

・日焼けは絶対しない
黒いものに反応して、ムダ毛をなくす施術です。
肌に毛ということは、毛に照射をつづけるのですが、日焼けをしてしまった肌の場合、黒いものと認識をしてしまうと、肌に直接照射されることになります。
毛にも毛根に対しての攻撃で痛いことが少ないとされるルニクス脱毛。
無料カウンセリングでも言われますが、日焼けは絶対にしないことは、痛み軽減では大切なことです。

・お風呂もダメなんです
施術前には冷えたジェルを塗布、施術後、クールダウンをしてくれます。
というのも、光を照射というのは、体に大きな熱を与えることになります。
ですから、帰宅後であっても体を温める行為はNGです。
お風呂だけではなく、激しい運動やお酒もダメなんです。

・毛抜きは使わない
脱毛サロンに通いはじめたのなら、自宅での自己処理はシェーバーにしましょう。
毛抜きは毛根から引っこ抜く、光脱毛は毛根に刺激を与えるため、毛抜き後の照射は効果が半減してしまいます。

・生理中はお休み
レイビスはVIOライン以外の施術も生理中はお休みしています。
痛みに敏感になるばかりではなく、肌にも悪影響を及ぼす恐れがあります。

レイビスのルニクス脱毛は、“痛くない”脱毛ではなく、“痛いと感じる方が少ない、痛みが小さい”施術です。
体験談などでも、VIO脱毛の時は痛かったという方もいますし、腕の部位は痛くなかったけれど、ワキは痛いというように千差万別です。
少なくとも無痛ではないと思ってください。

エステで行う光脱毛は、皆同じように痛くない脱毛であることを公式サイトなどで公表しています。
美容体験レポなどでも痛みの情報はありますね。

お試しもなく無料カウンセリングの説明だけで、実際の施術をしてしまったら、驚くほどの痛みでびっくりしたとか、痛くない脱毛はない!とはっきり書いてあるブログもありますね。
施術箇所にもよりますが、痛みは覚悟の上です。
もちろん個人差もありますが、普段から痛みに敏感な人はこわごわですね。

レイビスでは、トライアルがあります。
最近、他のサロンではあまり見ないキャンペーンですが、ここで“レイビスの痛み”を直に知ることができます。
トライアルをやってみて、どうしたも痛みに耐えられない時には契約をしなければ良い、この判断ができるのはとてもありがたいことですね。